自動車保険

自動車保険はなぜ必要なのか

自動車は徒歩や自転車では遠くていく事が出来ない所にいとも簡単に移動できる便利な乗りものです。

 

ところが、便利なものほど、万が一に生じるトラブルやアクシデントについてはかなりのリスクが伴います。

 

自動車の運転も同様です。

 

車両の重さは軽自動車でも数百キログラムあります。

 

これほどの重い鉄の塊が、道路を時速60kmで走行しているわけですから、物や他の車両、歩行者などに接触すると必ず何らかの損傷を与えてしまいます。

 

尊い人の命を奪う事もあり、まさに走る凶器ともいえます。

 

自動車事故による損害も大きくなり、安くても十数万円から最大億単位にのぼる事もあります。

 

これだけの賠償金を支払うとなると、収入だけではカバーができません。

 

そこで万が一の場面に遭遇した時の為、保険をかける必要が生じます。

 

例え交通ルールをきちんと順守していても、他の車両から追突されたり、いきなり目の前に歩行者や対向車が飛び出してくる可能性も、自動車を運転している上では当事者になりうる可能性があります。

 

今の日本の制度では、車両を所有している人は強制的に自動車保険に加入しなければなりません。

 

これは自賠責保険と呼ばれるものですが、対人のみ適用します。

 

これとは別に任意保険という自動車保険がありますが、これは自賠責保険で対応できない補償をカバーするもので、強制ではありませんが、自動車を所有している人はほとんど加入しているのが現状です。

 

自賠責保険だけでは、相手や自分の車両や所有物の補償が受けられないからです。

 

事故は無いに越したことはありませんが、万が一に備えて準備をしておく事はドライバーとしては当たり前の事といえます。

 

自動車保険を扱っている企業について

自動車保険は現在多くの企業で取り扱っている商品の1つであります。

 

最近では外資系保険会社による自動車保険サービスに加入している人達も増えてきています。

 

自動車保険は国内企業が運営する保険会社や外資系企業、あるいは信販会社、郵便局、JA等で取り扱われています。

 

それぞれの特徴ですが、国内企業となると損害保険会社、一般の保険会社などがあります。

 

これらの国内の保険会社で扱っている商品は比較的料金が高めとなっています。

 

しかし示談交渉や訴訟に発展した際の弁護士代のカバーができるといった、あらゆる状況にも対応できる非の打ちどころの無い保険内容のものが多い為、手堅いといえるでしょう。

 

外資系保険会社については、最大の魅力が保険料の掛け金が安いということです。

 

ただし、安いだけであって、本来国内の保険会社であれば、オプション無しでも対応できる示談交渉サービスは行っていないところが少ないです。

 

必要な保険を最小限に掛けておくという、考えについては外資系企業が向いているかもしれません。

 

もちろんいうまでも無く、国内の保険会社のように、当たり前のように示談交渉をする訳ではありませんので注意して下さい。

 

外資系の保険会社は休日のみ車を使用する等、車に乗る頻度が低い人に適しています。

 

他は郵便局やJAといったところですが、これらの保険料は比較的安い部類に入ります。

 

同じ国内の保険会社のように保険商品が充実しているという訳ではないのですが、あらゆる箇所に窓口が点在している為、手続きが簡単というのがメリットです。

 

更新履歴